基本院長 ときどきスタッフ

機械室2

前回に引き続き当院の機械室についてご紹介します。前回ご紹介したとおり機械室の構成としては 1.コンプレッサー 2.診療用バキューム 3.口腔外バキューム 4.エアードライヤーが挙げられます。前回は1〜3までご紹介しましたが、今回は4.エアードライヤーです。

エアードライヤーとは、コンプレッサーで圧縮した空気に含んでいる水分を取り除いて、乾燥した空気を作るための装置です。国内では一般的に冷凍式というタイプのドライヤーが用いられますが、室温が高くなると性能が落ちてしまうことから、当院では乾式のデントドライS150を導入しました。圧縮空気の中には水分の他に塵埃・油・臭気等が含まれていますが、デントドライS150はそれらも除去してクリーンなエアーを供給します。

こうして圧縮されたエアーは歯を切削するエアータービン(キーンと音のする機械です)の動力源として利用したり、スリーウェイシリンジ(水とエアーを出して口の中を乾燥させたり洗ったりする装置)に使用します。前回に続き目に見えない部分ですが、クリーンなエアーはとても大切です。

9月29日(木曜日)診療いたします

毎週木曜日は休診日になっておりますが、9月29日(木)は通常の平日と同様に診療いたします。よろしくお願いいたします。

 

〒943-0146 新潟県上越市とよば107 イル・クオーレとよば 1F  TEL:(025)-526-8841